ホーム > 未分類 > 成長ホルモンとトレーニングの関係

成長ホルモンとトレーニングの関係

2009 年 9 月 16 日

「体脂肪が落ちるトレーニング 石井 直方 (著), 谷本 道哉 (著) 」という本を読みました。

book02

この本を読んで、少しわかったこと。
・無酸素運動と有酸素運動のダイエットへ効果的。
・成長ホルモンとトレーングの関係
・中年になると太る仕組み

限られた人生と時間で、いかに効果的に効率よく体を鍛えるか?役立つ内容でした。
無酸素運動と有酸素運動をうまく組み合わせ、成長ホルモンがでやすい方法で筋肉を刺激して、筋肉の成長を促し脂肪の付きにくい体に仕上げていく。そんな感じでしょうか。

著者の石井 直方先生のwikiを読むと面白いです。筋肉が好きで好きで仕方ないって感じです。

メタボリックから抜け出す特効薬はあるのか?「食事制限」などには頼らず、簡単にして本質的な対処法を提唱する研究者がいる。東大教授・石井直方。

石井は、自他共に認める「筋肉オタク」。東大ボディビル部に所属していた頃には、日本選手権優勝、世界選手権3位と自らの体を使って、科学的な理論を実践してきた。そして大学では筋肉の働きを分子レベルで研究。

そして開発したのが、一生太らない体を作ることを目指す、手軽なトレーニング法だ。

ダンベルや機械などを使わなくても、簡単な動きだけで筋肉に負荷をかける動きとは・・・?この方法はNASAの宇宙飛行士養成プログラムにも採用されるなど、世界的に評価を受けている。

また石井は筋肉こそが、肌を若返らせ、脳も活性化させると主張している。
http://www.nhk.or.jp/bakumon/previous/20080415.htmlより

加えて重要なのは、継続ではないかとおもいます。よくストレス発散の為にスポーツクラブに行くのか?と尋ねられますが、スポーツクラブでは苦痛に耐えてるだけです。継続してきたことを続けることが、心の支えの一つになっていると思いました。あとは、スポーツクラブのメリットは風呂代わりですね。

Author: admin カテゴリー: 未分類 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。